HOME>特集>その種類はどのようになっているか事前に把握しておく

LEDに変更

ビルの省エネの種類といっても様々なものがある中で、1番思い浮かぶのは電気代の節約でしょう。電気代の節約は基本的にビル内の無駄な電気を使用しないことで可能になります。これに気をつけると同時に、すべての蛍光灯などをLEDにすることで、無駄をなくすことが十分に可能です。これにより、結果的に省エネにつながります。ただし、LEDを導入するときにはそれなりのお金がかかることを認識しておきましょう。その点がクリアできれば、LED化した方が良いケースがほとんどです。

ガス代と電気代を一緒にする

ビルの省エネの費用としては、ガス代と電気代を一緒にすることです。今までであれば、ガスと電気は別々に支払っていたかもしれません。しかし、最近はガス代と電気代を統一化することで、料金をより安くするだけでなく、結果的に節約ができるようになります。この方法は、どちらかに統一する必要があるでしょう。例えば、今まで電気とガスの両方を使っていた場合ガス会社に統一することで省エネ化につながります。料金が安くなるだけでなく地球環境に優れていることも見逃すことができません。会社単位で地球環境に対する認識が強ければ社会的な評価もまずまず上がる可能性があり、いろいろな意味で有効といえます。

広告募集中